【虻川渓谷・大明神淵】
深い緑に覆われたエメラルドグリーンの清流です。

野田平方面への道路交通規制のお知らせ

野田平方面への林道は、
平成29年6月12日(月)より、リニア中央新幹線工事の為の道路改良工事を開始いたします。

工事開始後は林道、村道、並びに県道などに当日の工事場所と道路規制内容を記した看板が設置されます。

当日の規制案内にしたがって、ご通行ください。

ご利用の皆様には大変なご不便をおかけいたしますが、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

問い合わせ:豊丘村役場 土木係 0265-35-9054

 

 

虻川渓谷・大明神淵(日本最大級のポットホール)

虻川(あぶかわ)は、伊那山脈の最高峰「鬼面山」より流れ出し、豊丘村内を縦貫し天竜川へと注ぎます。
虻川上流部は深い緑に覆われた“エメラルド・グリーン”の清流で、新九郎の滝(別項目リンク)や野田平キャンプ場があり、多くの人が訪れます。
   虻川渓谷特集ページ もご覧ください 

■日本最大級のポットホール

shizen_01_05

野田平キャンプ場の1kmほど下の坂島トンネル付近は「大明神淵」と言われる険しい渓谷です。 ここには、流水の力で石が回転し、長い年月の間に河床の岩盤を掘り込むことにより形成された直径7m、“日本最大級”といわれる巨大ポットホールがあります。
ポットホールには下流側から遊歩道が整備されており、展望台からその壮大な景観を眺めることができます。 巨大ポットホールは、長野県のホームページでも紹介されています。

林道の坂島トンネルの下流側に遊歩道入口があります。河原を歩きますので、長靴の着用をお勧めします(トンネル上流側からは、ポットホールに行くことはできません)。

01-遊歩道案内板a

■シャワークライミング

shizen_01_01
夏場には、天然のウォータースライダーで滝を滑り下りたり、岩に登ったり滝つぼにジャンプしながら、沢を登っていくシャワークライミングを楽しむこともできます。
詳しくは、主催しているアルプスぼうけん組楽部にお問い合わせください。

【 !! 注意 !! 】
虻川渓谷上流へ通じる林道途中に防護柵があります。これは鳥獣害防止のための防護柵ですので、車両は進入することができます。

扉を開けて車を進入し、進入後は扉を閉めていってください(帰りも同様にお願いします)。
なお、茸山シーズン(9月1日〜11月10日まで)は入山禁止(止め山)となります。
※防護柵より上流側への車両の進入は可能ですが、林道沿線の山林への立入はできませんのでご注意願います。
駐車場 坂島トンネル上流側に数台駐車可能
トイレ 1.5km上流にある野田平キャンプ場のトイレをご利用ください
(11月1日〜4月28日までは閉鎖されます)
その他 冬期間は林道が積雪・凍結のため大変危険ですので、原則として通行禁止となっております。

【周辺MAP】

contact-bnr

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る