【信州の伝統野菜『源助かぶ菜』の切り漬け体験】
希少価値の高いお漬物です。

信州の伝統野菜『源助かぶ菜』の切り漬け体験

信州の伝統野菜に選定されている「源助かぶ菜」。このかぶ菜は野沢菜の仲間ですが、野沢菜と比較して葉の部分の面積が大きいのが特徴です。葉質は柔らかで、もちもちした食感、そして味があり甘みもあります。

味に対する評価は高い一方で、広く普及した野沢菜に対し、『源助かぶ菜』は葉に含まれる色素が漬け汁を濁らせ、見た目がどうしても悪くなってしまうため、広く流通することはありませんでした。しかし、知る人ぞ知る、とても美味な漬物として知られています。

収穫可能な期間は、霜が降り始める11月~12月末まで。現在では本漬け(長漬け)の他、切り漬けとして加工されるのが一般的ですが、切り漬けに関しては2月くらいには完売してしまうという、大変希少価値が高く、地元でも口にするチャンスが限られた漬物となっています。

NPOだいちでは、12月初めに、この貴重な「源助かぶ菜」の収穫体験と切り漬け体験を行っています。詳しい日程は、決まり次第ホームページ等でお知らせします。

taiken_31-01 

【周辺MAP】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る