【野田平(のたのひら)キャンプ場】
ログハウスやテントサイトが整備され、川遊びなども楽しむことができます。

新型コロナウイルス感染症の発症・拡大を防ぐため、営業再開を延期します。

現在、大雨で発生した土砂崩れの影響で
野田平キャンプ場へ行くことができません(当面の間)

野田平(のたのひら)地区は、豊丘村を南北に流れる虻川(あぶかわ)の上流部にあり、村中心部からの距離は10㎞強、車だと約30分かかる秘境です。かつては集落や小学校の分校(野田平分校)がありましたが、昭和50年代の集団移住により現在は住む人がいません。

しかし、野田平地区を流れる虻川上流部は“虻川渓谷”と言われる“エメラルド・グリーン”色の美しい清流です。直径7mの「日本最大級のポットホールや落差30mの新九郎の滝があり、すばらしい景観を楽しむことができます。また、旧分校校舎をそのまま利用した野田平キャンプ場には、ログハウスやテントサイトが整備され、キャンプの際は安全に川遊びを楽しむこともできます。
その他、春にはコブシの群生が山々を白く染めるほか、キャンプ場裏にはかつてこの地に住みついていた木地師の墓もあり、歴史・文化を感じることができる場所であります。また、伊那山脈の最高峰である鬼面山(1890m)への登山道の起点でもあります。
冬場は林道に積雪・凍結等の危険があるため、春~秋に訪れてみてください。

野田平キャンプ場 野田平キャンプ場 野田平キャンプ場

【自然】
虻川渓谷・大明神淵(日本最大級のポットホール)
虻川渓谷・日向山ダムの紅葉
新九郎の滝
野田平キャンプ場
鬼面山
鬼面山麓のトチノキ

【花】
野田平のこぶし群生

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

豊丘村動画
ページ上部へ戻る