鬼面山 メインイメージ

鬼面山

標高1.890m南北に走る伊那山脈の最高峰

“鬼面山(きめんざん)”は標高1,890m、南北に走る伊那山脈の最高峰です。山頂は豊丘村と飯田市上村の境にあり、国土地理院により一等三角点が設置されています。
山頂からの展望はすばらしく、伊那谷の河岸段丘の絶景を眺めることができます。

2022.4 【鬼面山】虻川ルート通行禁止のお知らせ

虻川ルートは登山口までの道路崩落のため、車両・歩行ともに通行止めとなります。
新九郎の滝ルートは登山可能です。
※「大鹿ルート」は地蔵峠崩落のため全面通行止めとなっており、利用禁止となっております。(大鹿村公式HPに飛びます 道路状況▷)

【 !! 注意 !! 】
虻川渓谷上流へ通じる林道途中に防護柵があります。扉を開けて車を進入し、進入後は扉を閉めてください。(帰りも同様にお願いします)
なお、茸山シーズン(9月1日〜11月14日まで)は入山禁止(止め山)となります。
※防護柵より上流側への車両の進入は可能ですが、林道沿線の山林への立入はできませんのでご注意願います。

【 詳細  】

入山禁止期間

9月1日~11月14日まで 

※茸山シーズンのため入山禁止(止め山)

駐車場

登山道入口に数台駐車可能

※現在、新九郎の滝登山口のみ駐車スペースあり

(虻川登山口の駐車場は現在、崩落のため利用できません。)

トイレ

なし

その他

登山道は危険な箇所もありますので、万全の装備でお願いします。
クマによる被害防止のため、鈴等をご用意ください。

現在、鬼面山への登山ルートは新九郎の滝ルートのみ登山可能です。大鹿村側からのルートは地蔵峠の崩落により当面利用できません。また、虻川ルートは登山口付近の駐車場が崩落したことにより、登山道を含め利用できません。